アニメーションのデッド感

ゾンビは、実に様々な歩き方をする。死後硬直を示すため、足を引き摺りながら手をだらりと垂らして歩くゾンビ。筋肉が腐りきって、酔っ払いの千鳥足のように左右に振れるゾンビ。中には歩くだけでは飽き足らず、獲物にむかって走り出すゾンビもいる。しかし、こうした様々なゾンビが、同じゾンビとして認識できるのはなぜだろうか。どうして、それが生きているのではなく、「死んでいる」とわかるのだろう。

多種多様なゾンビを貫くこの「デッド感」は、一体何に由来するのだろうか。そのために、まず人間の歩行とゾンビの歩行を比較して考えるところからはじめたい。

人間の歩行を連続写真で見ると、骨盤のあたりにある重心が緩やかな波状の曲線でもって上下していることが確認できる。それはちょうど逆立ちした振子の動きに擬せることが可能だろう。一般的に倒立振子モデルで理解される人間の歩行は、力学的には、位置エネルギーと運動エネルギーとの変換にロスがない効率的な動きであり、心理的には、次の運動が事前の運動の中で潜在的に予告された容易な動きである。

一方で、ゾンビの歩行を見ると、いたるところがぎこちなく動いていることが分かるだろう。同じ身体のうちに、直線的な移行と過度に曲線的な揺れが混ざり合って存在しているのだ。ゾンビの歩き方は、力学的には不合理な動きであり、心理的には、予測がつかない不安な動きとなる。

ゾンビの「デッド感」とは、人体の滑らかな動きと屈伸性があってほしいところに、機械的なこわばりや過度の柔軟性があることに存する。人体の一部が過剰に硬直していたり、あまりに簡単に動いたりするときに、ひとはここに生気がないこと、もう既に死んでいることを直感するのだ。この理屈は、決してゾンビにだけ当てはまるものではなく、人形やエイリアンなど、ホラー・モティーフのほとんどに見ることが出来る。

転じて、アニメーションについて考えれば、元々動かない絵に生気(anima)を吹き込む営みである以上、こうした「デッド感」とは切っても切れない関係にある。勿論、生気溢れるアニメーションが優れていることに異論はないが、こうした「デッド感」を享受するのも、アニメを見る一つの楽しみ方ではないだろうか。

例えば、『ロザリオとバンパイア』OPアニメーションを見ると、モーションキャプチャによって生まれた曲線的な運動と能面のように筋硬直したアニメ的な顔とが混ざり合い、強い「デッド感」を醸している。

f:id:nikukaix:20161128115042g:plain www.youtube.com

また、『らき☆すた』OPのダンスシークエンスも、実写ベースの踊りにアニメ的な後ヅメを加えることで、リアルな動きにも拘わらず、まるでマリオネットを見ているような感覚に襲われる。

www.youtube.com

もうかなり眠いのでここで擱筆としますが、こういうアニメーションの「デッド感」が大好きなんで、みんなもなんか思いついたら教えてください。